Top > 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の火災保険

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の火災保険

長期固定に繰上返済はトクしない!?住宅ローンの(秘)新常識

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)で融資の契約をした場合は契約者は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)指定の火災保険に加入することになっています。
指定の火災保険に加入することになっているのには理由があります。
万が一(火災や、自然災害など)のときに、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)側から見ると必要な保険金が下りないと債権が保全されなくなります。
しかし、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)指定の火災保険以外の保険では、一部保障内容が手薄な場合があり、雪による被害や、風による被害などの自然災害の場合には保険金が支払われないなどという場合もあります。
そのため、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)指定の火災保険に限定しているというわけです。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)指定の火災保険は一般的な火災保険より割安で決して不利ではありませんが、他社保険にはそれより保険料が安いものもあり、そちらに変更したいと考える方もいるようです。
以上のような理由を知ると納得が行きます。
また、火災保険だけでは、地震の際の被害について保険金が下りませんので、地震の被害についても保険をお考えの場合は別途特約地震保険の契約が必要となります。

 動脈硬化の予防と対策  日焼け対策  浮気の調査  離婚
関連エントリー