Top > 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の機構団体信用生命保険

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の機構団体信用生命保険

図解でわかる得する住宅ローン借り方・返し方

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)を利用する借入者には、機構団体信用生命保険という保険に加入できる制度があります。
この保険は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)で融資を受けた借入者が万が一の場合、生命保険会社から支払われる保険金で残債を弁済する仕組みとなっています。
万が一の事態というのは、満80歳になる誕生日が含まれる月の末日までに死亡されたり、または高度の障害を負うことになった場合です。
その場合は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)での住宅ローンはいっさいなくなることになり、万が一のときに遺された家族、または、高度の障害を負う家族を抱えることになった家族も安心してマイホームに暮らすことができます。
さらに機構団体信用生命保険では、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病の場合も保障する保険もあります。
そのような大変安心な保険となっていますが、2008年10月からこの保険の特約料が値上がりすることになりました。
その理由としては、加入する方の年齢が上がってきているので、加入者が死亡するケースが増えていることにあります。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のローンをすべて弁済した場合は、保険は自動的に終了することになりますが、そのローン弁済より先に契約者が死亡する事例が多いので、値上げに踏み切ったということです。

老眼  穂のか  敷金トラブル  オークション相場
関連エントリー